FC2ブログ

形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今だからヒアルロン酸!!~ほうれい線①

こんにちは。
一瀬晃洋です。

本日は、ほうれい線へのヒアルロン酸注入のお話です。
目の下のくぼみや眉間のシワなど、色々な悩みに応えてくれるヒアルロン酸ですが、
中でも私が一番おすすめしている注入部位がほうれい線です。

「ヒアルロン酸?今頃?」
と感じる方は多いと思います。

ですが、「今だからヒアルロン酸!!」なのです。
ヒアルロン酸の効果が増しているのです。

*まずはこちらの写真をご覧下さい。
ヒアルロン酸注入前ほうれい線


「ほうれい線のシワを消したい」とご相談に来られた男性の患者さんです。
手術は考えておられないとのことでしたので、ヒアルロン酸注入の良い適応となります。
口の横にくっきりと刻まれたほうれい線に、ヒアルロン酸を両側で合わせて0.8ml注入しました。

注入直後がこちらです。
ヒアルロン酸注入後ほうれい線



ヒアルロン酸の実力がお分かりいただけますか?

注入直後なので、注入の際にできた針穴がうっすらと赤く見えるかも知れませんが、
これは数時間から数日で目立たなくなります。もし若干の、赤み、腫れや内出血が出たとしても、マスクで隠れる場所ですのでお仕事を休むことなく受けていただけます。
ダウンタイムを少なくするための術後処置のご指導も行います。

*ほうれい線にはジュビダーム® ビスタ ウルトラという1種類のヒアルロン酸を8年間使い続けています。
ジュビダームビスタウルトラ


ジュビダーム® ビスタは2014年に、国内で初めて厚生労働省が製造販売承認した美容医療用ヒアルロン酸注入材です。
シワに対する効果が高いのに加えて、この8年で明かなアレルギーなどの発症は1例も認めていないために非常に安全性が高い製剤だと評価しています。現在でも日本で承認されている注入材はほんのわずかなのです。
使用するヒアルロン酸によっては、注入後数ヶ月もアレルギー様症状やしこりによって悩まされる患者さんがおられます。

*なぜ8年同じ製剤を使い続けているのに関わらず効果が上がっているのでしょう?
持続性も上がり、内出血などの術後のダウンタイムも少なくなってきました。
その理由は、ヒアルロン酸の注入方法の改良にあります。
同じ製剤でも、その使い方で効果が全く異なるのです。

<ヒアルロン酸注入の行程>
1.注入計画・部位
2.製剤
3.麻酔法
4.注射針
5.注入手技
6.注入後の処置

製剤以外の全ての行程が、数年前と比べて改良が重ねられ最適化されてきています。
最近ヒアルロン酸治療を強くお勧めするのは、他の治療と比較しても患者さんのメリットが大きいと感じるようになったからです。

*ヒアルロン酸注入の痛みについて心配される患者さんは多いです。
ほうれい線はブロック麻酔(歯の麻酔の様な麻酔です)がとても良く効きます。
ほうれい線に関しては無痛に近いという感想の患者さんが多いです。他の部位もブロック麻酔や貼り付け麻酔を組み合わせてなるべく痛くない治療ができるようになってきました。


今、ヒアルロン酸注入はとても魅力的なアンチエイジング治療になっております。
「仕事優先で気軽にできる」ことも重要で、最近はこの点もさらに改善してきております。コンビニ感覚とまでは未だ達していませんが・・・。

次回は、ヒアルロン酸の効果の持続期間についてお話しします。


形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/12/21(月) 09:29:49|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今だからヒアルロン酸!!~ほうれい線② | ホーム | 男性の美容医療②~治療編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinoseakihiro.blog.fc2.com/tb.php/9-b7254433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。