FC2ブログ

形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眼瞼下垂症手術後の修正~③過矯正(オーバーコレクション)の修正手術

こんにちは。
一瀬晃洋です。


過矯正の原因と治療方針については、前回のブログ(→眼瞼下垂症手術後の修正~②過矯正(オーバーコレクション)でよくご理解頂けたかと思います。では、具体的な症例をご紹介していきます。


<症例> 1.過矯正(オーバーコレクション)
▼病歴
近所の眼科の医師による眼瞼下垂の手術を2度受けた。

・1回目の手術
右眼の眼瞼下垂症手術を受けたが、まぶたの下垂は改善しないために再手術

・2回目の手術
手術時間は3時間ほどがかった。手術中「筋肉が無い」などと言われ、何度もまぶたを挙げ直したという。術後にはまぶたが変形して、閉じることが出来なくなった。
手術した医師の診察を受けたところ、自分のまぶたは一般の患者さんと違う特殊なまぶたであったためこのような結果になった、修正をしても治すのは難しいだろうと言われたとか。 「これから先このままの眼で生きていかなくてはいけない」と、暗闇の中に突き落とされたような気持ちだったとのことです。あきらめずに頑張って医師を探して、ここまでたどり着いて頂きました。

●初診時の状態
(最終術後2ヶ月)
過矯正1
正面
過矯正2
下向き


<右まぶた>
兎眼(眼が完全に閉じない状態)
内側の過挙上(挙がり過ぎ)
内側の二重が狭い
まつげの内反

<左まぶた>
眼瞼下垂(中等度)
右のまぶたは皮膚を切り取られている様です。皮膚が少ないと修正が難しくなります。
次回は兎眼修正手術と今後の手術計画についてお話ししたいと思います。


形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2017/01/25(水) 16:12:15|
  2. 眼瞼下垂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<眼瞼下垂症手術後の修正~④過矯正(オーバーコレクション)の修正手術~兎眼の治療 | ホーム | 眼瞼下垂症手術後の修正~②過矯正(オーバーコレクション)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinoseakihiro.blog.fc2.com/tb.php/25-6b08b5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。