FC2ブログ

形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今だからヒアルロン酸!!~”ヒアルロン酸1年1本倶楽部” のススメ

こんにちは。
一瀬晃洋です。

これまで、ヒアルロン酸の効果は非常に高いことをご紹介いたしました。
最も重要なことは、高価なヒアルロン酸注入をどのように自分の人生に組み込んでいくか?です。
では、最後の質問です。

<Q> 
ヒアルロン酸は、顔全体で1年ごとに何本追加注入が必要でしょうか?




<A>
ジュビダーム® ビスタウルトラを1年に1本のみ


「ヒアルロン酸はすぐに吸収されるので、毎年何本も必要で結局費用がかさむ」と考えられてきたことがネックでした。
しかし、私がお勧めしている注入法は、お顔全体に1年に1本のみのジュビダーム® ビスタウルトラ注入です。
”ヒアルロン酸1年1本倶楽部”と名付けています。


”ヒアルロン酸1年1本倶楽部のススメ”
<お顔全体に1年に1本のジュビダーム® ビスタウルトラ注入で維持する>
①1年目
注入部位の数によりジュビダーム® ビスタウルトラ1~3本注入
<お勧めする注入部位>
ほうれい線、マリオネットライン、唇、眉間の縦じわ、下まぶたの眼袋・ゴルゴ線、上まぶたの凹み、ひたいの横じわ

②2年目から
ジュビダーム® ビスタウルトラが減った部分に1本を少しずつ分けて追加注入して維持します。
多くの患者さんが、このサイクルのヒアルロン酸注入で済んでいます。1年に1本のみのジュビダーム® ビスタウルトラですと、
多くの方にアンチエイジング治療を受けて頂けるのではないかと考えてお勧めしています。

※ただし、ヒアルロン酸の分解速度は個人差が大きいものです。ヒアルロン酸の持続の長い患者さんは再注入まで2-3年間隔で十分です。
 逆に分解が早い患者さんでは1年より短い間隔での再注入は可能ですが、どんどん追加して注入するのには賛成しません。

次回からは、下まぶたのヒアルロン酸の注入のお話になります。

形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/05/10(火) 15:39:33|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今だからヒアルロン酸!!~下まぶた① なぜヒアルロン酸が有効か | ホーム | 2016年 神戸大学医学部附属病院 美容医療市民講座>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinoseakihiro.blog.fc2.com/tb.php/16-cebbded8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。