形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

今だからヒアルロン酸!!~ヒアルロン酸注入増加の理由③ 高い効果と持続性

こんにちは。
一瀬晃洋です。

まだまだ続くヒアルロン酸のお話、今回はヒアルロン酸注入増加の理由③ 高い効果と持続性です。最近ヒアルロン酸が増加している第3の理由、注入方法の改良による高い効果と持続性です。

1.拡大鏡下の微細注入の開始
最近はジュビダーム® ビスタウルトラを、拡大鏡下に極細の針を用いて注入を行っております。
ヒアルロン酸注入に拡大鏡なんて不要と思う美容外科医は多いと思います。
が、拡大鏡を用いることで肉眼では見えない皮膚のわずかな凸凹をとらえて、さらに極細の注入針を使って細かく注入して滑らかに仕上げることが可能となります。
さらに麻酔法も改良し、針も極細ですのでずいぶんと痛みが少ない注入が可能になりました。


2.高い効果の確認
私自身、最近のヒアルロン酸の効果の高さには驚いています。
私の過去の注入法ではヒアルロン酸の効果は少なかったので、アンチエイジング効果を求める患者さんには手術を積極的にお勧めしていました。
しかし現在では、「まずはヒアルロン酸注入から始めてみませんか?とても効果が高いですので」とおすすめせざるを得ません。
ヒアルロン酸注射は、美容医療は初めてで、手術には少し抵抗があるけれどたるみは気になる、 手術を受けたいけれど仕事が休めない・・・といった方々にとても適しているのです。
自信を持ってお勧めできる注入法が出来上がったこと、これが患者さんが増加した一番の理由だと思います。


3.ヒアルロン酸注入は口コミでひろがる
さらに、ヒアルロン酸の増加の理由としては、ご家族やご友人の方からの口コミが増加していることも挙げられます。
一般に良い医師の評判はすぐに口コミで伝わって患者さんが多く来院します。しかし、美容外科医の良い評判は口コミでは広がりにくい性質があります。
美容外科で手術を受けたことは通常は他人に秘密にしますし、良い手術では手術を受けた形跡は他人にはわからなくなります。 良い手術を行っているのに患者が減って経営に困るという皮肉な結果にもなり得ます(逆に悪い評判はすぐに拡散します)。
でもヒアルロン酸注入ですと、口コミで広がり易い様ですね。
治療を経験された患者さんのご紹介で友人の方が多く来院して頂いております。感謝申し上げます。

「過去にヒアルロン酸治療を受けたが、あまり効果が無くすぐに吸収されてしまって無駄だった」という経験がおありの方も、
ジュビダーム® ビスタウルトラ拡大鏡下の注入を、ほうれい線に1本だけ試してみられることをお勧めします。
その高い効果を実感していただけると思います。

次回は下まぶたへのヒアルロン酸注入のお話をします。

形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/04/18(月) 17:15:00|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年 神戸大学医学部附属病院 美容医療市民講座 | ホーム | 今だからヒアルロン酸!!~ヒアルロン酸注入増加の理由② 優れたヒアルロン酸製材>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinoseakihiro.blog.fc2.com/tb.php/14-9ad9d15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR