FC2ブログ

形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今だからヒアルロン酸!!~ヒアルロン酸注入増加の理由①厚生労働省の承認

こんにちは。
一瀬晃洋です。

まだまだ続くヒアルロン酸のお話、今回はヒアルロン酸注入増加の理由①について述べます。

ヒアルロン酸注入数グラフ


​ 私の勤務する神戸大学病院美容外科のヒアルロン酸注入件数です。


<Q>
2014年から注入件数が大幅に増えています。2014年に一体何があったのでしょうか?

<A>
何百種類もあるヒアルロン酸製材の中で、2014年2月にジュビダーム® ビスタウルトラ(アラガンジャパン)が日本では第1号の製造販売承認を受けました。
厚生労働省の認可を頂いたことで、より多くの方に安心してヒアルロン酸注入を受けて頂けるようになったことが、注入件数の増えた第1の要因かと思います。(※2015年末で認可されている製材はジュビダーム® ビスタウルトラ/ウルトラプラス、ジュビダーム® ビスタウルトラ/ウルトラプラスXCのみです。)

ジュビダーム® ビスタウルトラは新開発の製材ではなく、既に長年世界で臨床使用されてきた製材ですので安心感があります。
どんどん新製品が出てきましたが、私はジュビダーム® ビスタウルトラを浮気することなく8年間使い続けておりました。
自ら選択して使い続けたそのヒアルロン酸製材が日本で第1号の承認を受けたことは、宝くじにあたった様な不思議な気分でした。
承認後の日本で初のセミナー(日本形成外科学会総会)では大変名誉なことに講師を努めさせて頂きました。

次回はジュビダーム® ビスタウルトラの長年使用してわかった特徴を詳しく説明します。


形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/04/01(金) 14:31:44|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今だからヒアルロン酸!!~ヒアルロン酸注入増加の理由② 優れたヒアルロン酸製材 | ホーム | 残席わずかです!朝日カルチャーセンター講座予定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinoseakihiro.blog.fc2.com/tb.php/12-bbce9653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。