FC2ブログ

形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今だからヒアルロン酸!!~ほうれい線②

こんにちは。
一瀬晃洋です。

前回より引き続き、ヒアルロン酸のお話です。

*効果の持続期間についてよくご質問を頂きます。一般的にヒアルロン酸の効果は6ヵ月から1年と思われていますが、製剤による差と個人差が大きく、5年以上残る方も少なくないことを確かめました。(いずれ私のwebsiteで述べますね)。
私がジュビダーム® ビスタ ウルトラを注入した場合ですと、効果が消失するまでに2-5年以上ではないかと思います。注入後4-5年してから「最近少し減ってきたようだ」と来院する患者さんは多いのです。

2年持つお化粧と考えると、非常にコストパフォーマンスが優れていると言わざるを得ません。高価な美容液やクリームのひとつをヒアルロン酸に変えてみるのもいいかも知れませんね。
ただし、複数の施設で繰り返して注入した結果、周囲への残存症例のご相談を多く受けますので、自分でヒアルロン酸注入の3原則(1.量を少なく、2.注入頻度を少なく、3.周囲に逃げない注入)を作り、患者さんにも守って頂くようにお願いしています。
特に、眉間、下まぶた、ほうれい線、マリオネットラインはコストパフォーマンスが高い部位です。
この範囲ですと、顔全体にヒアルロン酸1本/1年サイクルで注入されている患者さんが多いです。(ただし初回は顔全体で1-3本必要)

*ヒアルロン酸注入を一度受けて頂きたい患者さん(適応)は
1)「アンチエイジング治療を受けてみようかな....」と考え始めた患者さん
2)「一度ヒアルロン酸を受けたが効果がもう一つだった...」と感じる患者さん
3)「手術を受けたが効果が足りない気がする...」と気になる患者さん
4)「男性で、疲れ顔を治したい、優しい顔になりたい....」と願う患者さん

男性に対してヒアルロン酸注入は特に有効です!
男性はシワを隠すための化粧は出来ませんので...
ヒアルロン酸は男性のお化粧なのです。


形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/12/25(金) 16:35:57|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<残席わずかです!朝日カルチャーセンター講座予定 | ホーム | 今だからヒアルロン酸!!~ほうれい線①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinoseakihiro.blog.fc2.com/tb.php/10-9fdc07b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。