FC2ブログ

形成外科医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)オフィシャルブログ

形成外科 医師 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)のブログです。神戸大学医学部附属病院病院美容外科のほか大阪・和歌山でも美容外科・形成外科診療を行っています。 美容医療及び、先天性・後天性眼瞼下垂など眼瞼の形成外科に関する情報を発信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今だからヒアルロン酸!!~下まぶた① なぜヒアルロン酸が有効か

こんにちは。
一瀬晃洋です。

本日より下まぶたへのヒアルロン酸注入のお話です。
下まぶたのアンチエイジングのご相談はとても多いです。
下まぶたは加齢により特徴的な(眼袋)変形をします。
①ふくらみ(眼袋)
②ゴルゴ線
③小じわ
④皮膚のたるみ です。
このうち①眼袋と②ゴルゴ線にはヒアルロン酸が有効です。小じわにも種類によっては効果があります。

<Q>
なぜ下まぶたのアンチエイジングヒアルロン酸注入が有効なのか?

<A>
その理由は、下まぶたの老化の一因がお顔の骨の痩せだからです。特に女性は40歳代から骨量が急に減ってきます。
顔の骨の痩せにより、眼袋やゴルゴ線などの溝が目立つようになります。
私たちは他人の顔から眼袋や溝を見つけて、その人の年齢を推測するものなのです。
故に、骨が減ってしまったところにヒアルロン酸など注入してボリュームを取り戻すことは、アンチエイジング上とても理にかなっているのです。

例えば....
「眼袋の脂肪を取って欲しい」と希望される患者さんが最も多いです。
しかし、眼袋にはいくつかの原因があります。その原因により選択すべき方法が違います。
昔は、眼袋の治療は経結膜眼窩脂肪減量でした。ですが、「手術の結果、眼袋は無くなったが、なぜか顔は老けました。」という患者さんは少なくありませんでした。
実はその眼袋は脂肪が多くて出現したのではなく、周囲が凹んでできたものだったのです。この場合、周囲の凹みを治すと若返りますが、眼袋の脂肪を減らすととても貧相な顔になってしまいます。
下まぶたのアンチエイジングでは、ヒアルロン酸や脂肪を上手に注入して骨の減った分のボリュームを増やすと若返ります。

次回は、実際に下まぶたにヒアルロン酸注入を行った症例写真をご覧頂きます。

形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com







スポンサーサイト

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/05/25(水) 14:00:14|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今だからヒアルロン酸!!~”ヒアルロン酸1年1本倶楽部” のススメ

こんにちは。
一瀬晃洋です。

これまで、ヒアルロン酸の効果は非常に高いことをご紹介いたしました。
最も重要なことは、高価なヒアルロン酸注入をどのように自分の人生に組み込んでいくか?です。
では、最後の質問です。

<Q> 
ヒアルロン酸は、顔全体で1年ごとに何本追加注入が必要でしょうか?




<A>
ジュビダーム® ビスタウルトラを1年に1本のみ


「ヒアルロン酸はすぐに吸収されるので、毎年何本も必要で結局費用がかさむ」と考えられてきたことがネックでした。
しかし、私がお勧めしている注入法は、お顔全体に1年に1本のみのジュビダーム® ビスタウルトラ注入です。
”ヒアルロン酸1年1本倶楽部”と名付けています。


”ヒアルロン酸1年1本倶楽部のススメ”
<お顔全体に1年に1本のジュビダーム® ビスタウルトラ注入で維持する>
①1年目
注入部位の数によりジュビダーム® ビスタウルトラ1~3本注入
<お勧めする注入部位>
ほうれい線、マリオネットライン、唇、眉間の縦じわ、下まぶたの眼袋・ゴルゴ線、上まぶたの凹み、ひたいの横じわ

②2年目から
ジュビダーム® ビスタウルトラが減った部分に1本を少しずつ分けて追加注入して維持します。
多くの患者さんが、このサイクルのヒアルロン酸注入で済んでいます。1年に1本のみのジュビダーム® ビスタウルトラですと、
多くの方にアンチエイジング治療を受けて頂けるのではないかと考えてお勧めしています。

※ただし、ヒアルロン酸の分解速度は個人差が大きいものです。ヒアルロン酸の持続の長い患者さんは再注入まで2-3年間隔で十分です。
 逆に分解が早い患者さんでは1年より短い間隔での再注入は可能ですが、どんどん追加して注入するのには賛成しません。

次回からは、下まぶたのヒアルロン酸の注入のお話になります。

形成外科医 一瀬晃洋オフィシャルサイト
http://www.ichinoseakihiro.com/

眼瞼下垂のサイト
http://www.がんけんかすい.net

アンチエイジング100歳計画
http://アンチエイジング100歳計画.com







テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/05/10(火) 15:39:33|
  2. 美容外科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)

Author:一瀬晃洋(いちのせあきひろ)
神戸大学医学部附属病院 美容外科・形成外科 准教授

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS)(評議員)
日本レーザー医学会専門医
国際美容外科学会(ISAPS)正会員

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
このブログについて (1)
美容外科 (19)
講演会・市民講座 (8)
眼瞼下垂 (5)
いちのせ形成外科皮膚科 (2)
趣味 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。